全国の日本酒

「磯自慢」が有名な静岡の日本酒と買取相場について

2018年07月05日

静岡県にも、有名な日本酒はたくさんあります。名水の宝庫とも呼ばれている静岡県では、上質な日本酒が作られているのです。今回は静岡県の日本酒について紹介していきます!

「静岡酵母」が開発されたことで大きく発展した静岡の日本酒

静岡県の日本酒は、静岡酵母が開発されたことで大きく発展したと言われています。
静岡酵母は果実の香りを持つ静岡県が開発した独自の酵母です。昭和40年、当時の静岡県の日本酒は東海地方の中でも最下位と言われていたようです。
そんな静岡県の日本酒をどうにかしようと立ち上がったのが、河村傳兵衛氏でした。

河村氏は静岡県の日本酒のレベルを上げるために、まずは全国新酒鑑評会で金賞を受賞できるようにというところからスタートしました。
最初に麹作りのノウハウを学ぶことです。静岡県には全国各所の杜氏がいたとのことで、彼らから麹造りについてを学び、ノウハウを身に着けてさらに杜氏たちとも心を通わせます。

この経験をもとに、河村氏は静岡県の日本酒に適した酵母を開発し始めます。
そして開発されたのがHD-1という酵母で、この酵母を使用して作られた日本酒が、全国新酒鑑評会で金賞を受賞するようになったのです。
このような涙ぐましい努力があったからこそ、今の静岡県の日本酒が生まれたんですね。

「磯自慢」は人気が高く有名な日本酒の一つ

そんな静岡県で有名な日本酒は、磯自慢です。
静岡県は吟醸天国と呼ばれており、吟醸酒の本場といっても過言ではありません。その中でも磯自慢は、静岡県でもトップクラスの吟醸酒と言えるでしょう。

磯自慢は、第34回主要国首脳会議で日本を誇る酒として紹介されました。こういった公の場で披露されるほど、世界に出しても恥ずかしくない日本酒なのです。
この磯自慢にも、もちろん静岡酵母が使用されています。静岡の日本酒を牽引した存在である静岡酵母が使われているこの日本酒は、静岡の代表であるとともに、日本を代表する日本酒なのです。

磯自慢の味わいはほんのりとした甘さがあり、スッキリとした後味になっています。日本酒というよりはワインのような味わいで、日本酒が苦手な人でも飲むことができるでしょう。
磯自慢はどれもフルーティな味わいを楽しむことができるので、女性でも飲みやすい日本酒です。
ぜひともこの独特な味わいを楽しんでみてください。

また、磯自慢だけではなく、他の日本酒も素晴らしいものとなっています。青島酒造の喜久酔や初亀酒造の瓢月など、静岡県を象徴する日本酒ばかりですので、こちらも併せて堪能してみてくださいね。


引用:https://www.nomooo.jp/column/55140/

磯自慢の買取相場

磯自慢の買取相場は32,000円程となっています。
世界に出しても恥ずかしくないこの日本酒は、買い取り額も他の日本酒と比べると高めとなっています。
それほどの味と魅力を持っているのだと考えれば、何も不思議ではありませんね。